-Japan Gospel Mission- 「まことの救い」「落穂」国内外への伝道を続けて50年!

歴史・概要

  • HOME »
  • 歴史・概要

日本福音宣教会は、キリスト教(プロテスタント)の超教派の伝道団体です。
放送伝道、文書伝道を中心に国内外への伝道を続けて50年になります。

日本福音宣教会は、「日本人の救いは日本人の手で!」をモットーに、伝道のためにとにかくできることから始めることで、文書伝道から始まりました。1963年のことです。そして、とにかく福音を伝えたい、そのためにはどんなことでもするという意気込みを持つ万代恒雄牧師の伝道熱が加わって、大変な働きに進展してゆきました。そして、念願であった放送伝道は1968年9月16日にスタートいたしました。そして今日まで続いています。

「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。」(マルコ16:15)

また、1972年のインドネシア・ニューギニヤ伝道を皮切りに海外伝道も始められ、今では毎年海外での大伝道集会のために、現地の要請に応じて牧師を送り続けています。
毎年伝道に出かけるインドでは、孤児や、親がいても貧困の中にある子供たちの里親制度を開始し、支援を初めて30年になります。現在は110名ほどのこどもを支援しています。

宣教会では、毎月最終の土曜日午前7時より朝祷会を行っています。それももう480回(2017年1月現在)を超えています。県外からわざわざ出席くださる方もおられたり、来られなくても時間を合わせて祈ってくださる方々もいて大変感謝です。

 

 

 

お気軽にお問合せください TEL 089-925-1603 受付時間 9:00~12:00、14:00~17:00(平日)
       9:00~12:00(土)※祝日除く

落穂第一面

郵便物宛先

〒790-8691
日本郵便㈱
松山中央郵便局私書箱44号
日本福音宣教会

PAGETOP
Copyright © 日本福音宣教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.